ZIL5で西日本を旅する(その1)

ZILで旅行
スポンサーリンク

2021年3月20日〜28日、年休消化の都合でまる1週間の休暇が取れたので、以前より一度訪れたいと思っていた大分県竹田市「ながゆ温泉」を目指し、そこから自宅の石川県までゆっくり観光地を巡りながら帰ってくる計画を立て実行した。


19日(金)

21:30 淡路島サービスエリアを目指して出発した。


20日(土)

02:30 淡路サービスエリアに到着。

疲れていたので直ぐに寝入ったが、7:00には目が覚めてしまった。

明石海峡の景色を楽しみながらクーの散歩

サービスエリア店舗内のパン屋さんで行列を発見。7:30オープンを待っていた。

半熟玉子入り黒カレーパンが人気らしく、行列の先頭を見ると、なんと家内が並んでいた。

神戸ベル
『神戸ベル』の『Belle(ベル)』とは、”美しい”という意味のフランス語。 美しい(Belle)神戸で心から愛される商品であり、お店でありたいという願いが込められています。

7:50 ということで、半熟玉子いり黒カレーパンとメロンパンの朝食を食べた。

朝食を食べ終え、少しまったりとした時間を過ごして、歯磨き、トイレ等の朝支度を終えたところで次の目的地「道後温泉」を目指して出発した。

10時過ぎに淡路サービスエリアを出発。景色を楽しみたかったので海岸線沿いの道を走った。

豊浜サービスエリアで讃岐うどんを頂いた。

松山ICを出て「道後温泉」に17時少し前に到着した。

車中泊する場所は、「道後温泉本館」の目の前にある市営駐車場。

温泉は翌朝一番風呂と決めていたので、まずは、市電を利用して繁華街である「大街道」に出ることにした。

市電の乗り場は駐車場から歩いて数分のところにある。「大街道」までは20分ほどだ。

繁華街をぶらぶらと散策。途中で食料と飲み物類を仕入れてから居酒屋で一杯。

特に店は決めていなかったので、たまたま見つけた居酒屋「一心丸」にお世話になった。

意外に美味しかったのが、ホタテのアヒージョだ。絶妙な味付けでマジで美味かった。

お腹も満足したところで、帰りはタクシーを使うつもりだったが、直ぐ目の前に市電が来たので、飛び乗ってしまった。

ZILに戻り、疲れが出たのか、バンクベッドに上がって直ぐに意識を失った。

「道後温泉」まで約630kmを寄り道せずに一気に走った。普通乗用車なら何でもない距離だが、ZILだと家内と二人で運転を交代しながらでもこれが限界だろう。

自分達の場合、無理せずZILで旅するには、1日の移動距離が高速道路なら300km以内、一般道なら150km以内を目安に計画するようにしている。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

コメント