日本一の星空 浪合パークで車中泊

ZIL5で遊ぶ
スポンサーリンク
[ad01]

9月20日金曜日に休暇を取り4連休が確保出来たので、星空の写真撮影にチャレンジしようと長野県の阿智村にある浪合パークに出掛けた。

ここは、昨年の夏にオープンしたばかりで、星空を観察するために作られた施設だ。

日本一の星空 浪合パーク
阿智村の星空が眺められる公園です。星の観察に最適な施設となっております。

そのコンセプトに何となく惹かれてやって来たが、この日は、夕方から小雨が降り出して、そのまま翌朝まで降り続いてしまい、星空を一度も見ることが出来なかった。残念なことに、連休中の降水確率は80〜100%で絶望的な状況だと初めから判っていたが、結局、奇跡は起こらなかった。

夜が白々と開け始めた頃、一時的に雨が上がったので、クーチャンの散歩がてらにパーク内を散策した。

無料の駐車場で車中泊しただけになってしまったが、自分達以外には誰もいない。

施設も閉まって誰もいない。

入口のガラスドアには自分とクーちゃんの写っている。

施設入口にある看板の裏手に24時間利用可能なトイレがあった。

パーク内に広場があり、天気の良い日は、毎日ここで星空鑑賞会が開かれ、高校生以上は1,500円、小中学生は750円で参加することが出来る。自分たちも参加するつもりで来たが、生憎の天気で参加を見送った。

星空を鑑賞するために星空デッキというものが用意されており、18:00〜翌朝6:00まで10,000円、18:00〜0:00だと5,000円で借りることが出来る。

一区画をそっと覗いてみた。

一晩、10,000円、どんな人達がここを借りるのだろうか。

車中泊をさせて頂き、一宿一飯の恩義があるので、星空観察会の参加は絶対だと思うが、一晩10.000円は流石に高すぎる。

素晴らしいコンセプトを持った公園なので、今度は、天気の良い日に、もう一度、星座撮影にチャレンジしたいと思うが、果たして、その時まで存続しているだろうか。

天気の回復も見込めそうになく、公園以外に何もないので、ひとまず、ここから5km程離れた場所にある道の駅「信州平谷」に移動した。

この道の駅には、「ひまわりの湯」という日帰り温泉施設が併設されていた。

朝10:00オープンということで、朝食を食べた後、ZIL5の中でまったりと時間を潰して温泉に浸かることにした。

入浴料大人600円、ナトリウム炭酸水素塩温泉、お肌すべすべの「美人の湯」で、広い露天風呂もあり、自分の中では、最高ランクの◎温泉でした。

温泉でゆっくり過ごし、昼前には道の駅を出発して、長野県岡谷市に住む息子夫婦の家に向かった。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

コメント